HOME > 雑誌一覧心とからだの健康

心とからだの健康

K2108.jpg

令和3(2021)年度の年間テーマ特集

●08月号 教職員のストレス/睡眠の重要性を考える
●07月号 思春期のストレス/胃と腸の病気
●06月号 楽しく・わかりやすく伝える保健だよりの工夫
●05月号 タブレット一人1台の時代を考える
●04月号 2020年に実施した感染防止対策について
 
【令和2年度】
●03月号 子どもの自殺を防ぐために/不安に対処する
●02月号 子どもに伝えたい、感染予防について
●01月号 性のゆらぎを抱えた子どもとの関わり方
●12月号 受動喫煙・三次喫煙からタバコの害を考える
●11月号 歯の健康を守るためにできること/コロナ禍で考える心のケア
●10月号 新型コロナウイルスの目からの感染を防ぐ

●09月号 新型コロナウイルス対策を含めた防災対策/アレルギー対策
●08月号 熱中症対策と感染症予防の両立/新しい学校歯科保健活動
●07月号 適度な運動で健康な体づくり/心の健康を考える
●06月号 今、養護教諭にできること/味わって食べよう

●05月号 ネットに関わる問題との向き合い方
●04月号 健康診断の際に役立つ話題

     

【令和元年度】

●03月号 がん教育の実践現場から

●02月号 多様な性と人権の伝え方・考え方
●01月号 保健指導への思い
●12月号 健康相談にどう対応するか
●11月号 継続して取り組む歯科保健指導とは
●10月号 保健室から発信したい目の健康に関する取り組み
●09月号 安全教育・防犯教育について
●08月号 夏休みを生かして取り組む課題
●07月号 夏に知りたい、健康の話題
●06月号 学校歯科保健をどう工夫するか
●05月号 子どもの心の健康を考える
●04月号 わかりやすい健康診断を実施するために


【平成30年度の特集内容】
●03月号 いのちの大切さを伝える取り組み
●02月号 アレルギー対応研究を工夫する
●01月号 性の多様性をどう伝えるか
●12月号 かぜ予防のための指導を考える
●11月号 歯科保健指導の工夫
●10月号 子どもの目の健康を守るためにできること
●09月号 緊急時の対応について考える
●08月号 ネットやスマホと上手に付き合うために
●07月号 発達障害のある子どもへの対応
●06月号 歯と口に関する保健指導を工夫する
●05月号 いじめ問題、相談にどう対応するか
●04月号 健康診断の機会を生かす工夫

 

過去の発行一覧を見る

『心とからだの健康』を電子ブックで立ち読みする

『心とからだの健康』のデジタル版を購入する

   

月刊『心とからだの健康』とは何か

月刊『心とからだの健康』とは、養護教諭(小学校・中学校・高等学校)・学校保健主事・一般教諭・学校医・学校歯科医・カウンセラー・各教育委員会保健体育関係者・大学・教育関係行政機関研究者などに購読されている学校保健の専門雑誌です。

子どもたちが生涯を通して健康で安全な生活を送るための基礎を学び、自ら考え、自身の健康管理ができる能力を得る場とするために「子どもの生きる力を育む」を中心テーマとして、児童・生徒への「保健」指導用の教材、保健学習の実践、ダウンロードが可能な「すぐに役立つ保健だより資料」等を満載し最新情報の発信に心がけております。

        
   

月刊『心とからだの健康』を読んでいただくメリット

今、児童・生徒が抱えている“心とからだ”の最新情報を知ることができる。
  特集や連載コーナーでは、その月に沿ったテーマを取り上げ、丁寧にわかりやすい情報の発信をしている。

   

実践的な健康教育の取り組み方の事例を紹介している。
  自校で取り組む際のヒントを得ることができ、実務にすぐに役立てることができる。
   

養護教諭自身が抱えている悩みを共有し分かち合える。
  養護教諭は学校に1人配置のことが多く、1人で全校の児童・生徒の心とからだの健康を担っているため、苦労や悩みは

  人一倍。様々な視点での相談コーナーも充実しているので、苦労や悩みを抱えているのは自分だけではないことを共感し
  分かち合える。

保健指導や教材作り、保健だより作成に使える資料ページが充実している。
  資料ページはダウンロードすることができ、忙しいときはそのまますぐに使うことができる。
  さらに、Wordデータで提供しているので、加工しやすく先生らしい、より学校にあった資料作成ができる。
  

 

媒体概要

【創刊】 1998年3月
【版型】 B5判
【頁数】 80頁+付録
【販売方法】 直販・書店販売・本サイトからの購入、電子書籍版の購入もあり
【発行形態】 月刊誌 毎月10日頃発売
【単価】 946円(送料・税込)
【購買方法】 年間購読 購入月から年度末(3月まで) ※購入月からの計算
【主な購読者】 小学校・中学校・高等学校 養護教諭
学校保健主事・一般教諭
学校医・学校歯科医・カウンセラー
各教育委員会保健体育関係者
大学・教育関係行政機関研究者

 

次のような人に「養護教諭のなんでも相談室」のページを読んでほしい

   ★児童・生徒が抱える問題にどのように対応したらよいかを悩んでいる。
   ★担任教諭と養護教諭の連携について悩んでいる。

   ★児童・生徒が家庭の問題に悩んでいる。

   ★養護教諭の苦労や悩みを共有し分かち合いたい。

 

主な特集内容

●子どもを主体とした実践的な健康診断
●養護教諭のコンピュータ活用法
●不登校の実情とその対処法
●子どもの運動不足について考える
●食物アレルギーについて考えてみよう
●ストレスマネジメント教育の実際

 
 
フォームへ
 
▲TOPに戻る
 
Copyright(C) kengakusha Co.,Ltd., All Right Reserved.